読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに食べてもなかなか太れないガリガリの僕が、たった40日間でモテマッチョになって、女の子からのボディタッチが激しくなった方法

人前で脱ぐのが嫌で恥ずかしい男性のために、恥ずかしくない体作りや筋トレを教えていきます。 筋肉をつけたくてもつかない人やどんな筋トレをしたらいいか分からない人のために筋トレを紹介していきます。

運動できない人必見!!意外にカロリーを消費する方法

んにちは

マサキです!

 

 

今回は運動をしなくても、

カロリーを消費する方法を

お伝えしますね!

 

ぜひ日常生活で、

取り入れてほしいなと思います(^◇^)

 

 

 

運動することは、

ダイエットをする上で、

とても効果的なのは誰でも分かりますよね。

 

 

でも、

多くの人が分かっていても継続できない

 

 

 

痩せたいけど運動はちょっと…、

ちょっと仕事で忙しくて…、

明日からやるから今日はいいや

 

 

 

あなたは本当に痩せる気ありますか?

 

 

 

と私は思ってしまいます(笑)

 

 

 

そんなどうしようもないあなたに朗報です!

 



実は、すごく簡単なダイエット方法があります。
日常生活を少し意識しただけで、

簡単にやせることが可能です。

 


どんなに忙しい人でも、簡単にできます!

 

 


これを知って、実行することで、

あなたの1年後、3年後、5年後の身体に、

確実に変化がでてきます。

 

 


このまま太っていくか、

やせていくかはあなた次第ということです。

 

 


それでは、どんなに忙しい人でも

簡単に痩せられる、
ずるいダイエット方法と

その消費カロリーをご紹介します。



1.ただ立っているだけ

 

動き回る必要はなく、ただ立っているだけで、

1日300kcalは消費します。

 

 

例えば、スポーツカーを運転するよりも、
ゆっくりとした歩調で歩いていたほうが
カロリーは消費されるということです。

 


小さい効果かもしれませんが、

塵も積もれば山となります。

 

 

 

これからは座るのではなく、

立つ習慣を身に付けていきましょう。

 


2:たくさん笑う

ある研究で得られたデータによると、

 


1日10分~15分間笑っただけで、
エネルギー消費量が10~40kcalも
増加することがわかっています。





3:唐辛子を食べる


唐辛子を食べると、

体温が上がって汗をかきますよね。

唐辛子は代謝をよくするので、

1日で50kcal以上も消費させてくれます。



4:掃除をする


洗濯やゴミ掃除などの軽い家事をするだけで、
1時間に170kcalも消費します。



車の洗浄や大掃除など比較的ハードな掃除なら、
1時間で204kcalも消費させてくれます。

 

 

 

また、

部屋を掃除することで、気分がリフレッシュし、

モチベーションもあがります。

 

 

 

それに汚い部屋に可愛い女の子なんか、

連れて来れませんね(笑)

 

 

部屋の掃除は頻繁に自分から、

する習慣を身に付けましょう。




5:買い物に行く



スーパーに買い物に行くだけで、

1時間で156kcal消費します。

そして、

その重い荷物を持って駐車場に戻ったり、

家まで運んだりするので、さらにカロリーを消耗します。



6:冷たい氷水を飲む


温かい飲み物は身体を

温めるのには最適なのですが、
実は、カロリーを消費させるには、

冷たい飲み物のほうがよいのです。



1日に約3.8Lの水を飲むと、

身体が冷たい水から体温を守り、
上げるために123kcalも消費します。
水は冷たければ冷たい程、

カロリー消費率は高くなります。

 


ただし、

飲みすぎには注意してくださいね。
体調を崩してしまっては、元も子もないですから。



7:セックスをする


平均的には、

1時間で88kcal消費すると言われていますが、
やり方によっては、

かなり消費する場合もあります。
スポーツ感覚で楽しみましょう(笑)


8:踊る


ダンスは、

20分間で100kcalは消費させてくれます。
ダンスに自信がない人は、
音量を上げて狂ったように身体を動かしましょう。

 

 


誰も見ていない、自分の部屋や、
カラオケボックスで、気の合った友達となら、
できそうですよね?



いかがでしたか? 
運動をしなくても、

意外に生活の中でカロリーを消費する

 

 


特に、笑うことはダイエットにとてもよく、
歩くよりもカロリーを消費させるとも言われています。

 

 


ポイントはほほ笑むのではなく、大笑いすることです。

腹筋も表情筋も鍛えられておすすめですよ。