読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに食べてもなかなか太れないガリガリの僕が、たった40日間でモテマッチョになって、女の子からのボディタッチが激しくなった方法

人前で脱ぐのが嫌で恥ずかしい男性のために、恥ずかしくない体作りや筋トレを教えていきます。 筋肉をつけたくてもつかない人やどんな筋トレをしたらいいか分からない人のために筋トレを紹介していきます。

腸内細菌について

んにちは

マサキです!

 

 

今回は、

なぜ食べないのに太ってしまうのか?

の謎に迫っていきます。


同じ量だけ食べても、

太りやすい人と、

太りにくい人がいる、

という話は聞いたことはありませんか?

また、経験されたことはありませんか?





それって、本当なんでしょうか?



痩せるには、

摂取カロリーを減らし、
消費するカロリーを増やせばいい、

と言われますね。


では、
食べなければ、
摂取カロリーはゼロなんだから、
太るわけがないですね。

逆に、たくさん食べれば、
摂取カロリーが多くなるわけですから、
どんどん太るはずですね。


ですが、

たくさん食べても

あまり太らない人もいますし、

 


食べないように努力しているのに、

なかなか痩せない人もいるのは、


まぎれもない事実です。




でも、

それって、
おかしいと思いませんか?


摂取カロリーを減らせば、

痩せるはずではないのか?


と。


しかし、
こんな、まるでマジックのようなことは、
実際に起きるのです。


その不思議な現象を解明するカギを握るのが、



実は、



ですね…、





なんだと思います?








もったいぶらずに、


早く教えろって?





そりゃあ、




そうですよね。爆





太りやすさを決めるのは、

カロリーだけではないんです。


実は、

腸内細菌


がポイントなんです。



つまり、

腸の中にある、

善玉菌と悪玉菌の数ですね。


腸の中にある、悪玉菌が増えると、
太りやすい体になるのです。


ってことは、

ですよ。


腸の中の

悪玉菌を減らして、

善玉菌を増やせば、


食べても太りにくい体になるわけです。


これって、すごいことじゃないですか?

夢のような話です。


食べたいものを食べて、

なおかつ痩せられるのですから、

これは、

腸内細菌にテコ入れしない手はないですね。


では、
どうすれば、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことができるのか?

 

 

今日はここまで!

次回お楽しみに(^◇^)