読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに食べてもなかなか太れないガリガリの僕が、たった40日間でモテマッチョになって、女の子からのボディタッチが激しくなった方法

人前で脱ぐのが嫌で恥ずかしい男性のために、恥ずかしくない体作りや筋トレを教えていきます。 筋肉をつけたくてもつかない人やどんな筋トレをしたらいいか分からない人のために筋トレを紹介していきます。

カット野菜という恐怖の食べ物

んにちは

マサキです!

 

 

 

今回はカット野菜についてのお話です。

 

 


よく、
スーパーやコンビニに行くと、

こんなものが、

売られていますよね。

 

 


お手軽なので買っている人も

多いのではないでしょうか?

 

 


私も買って食べたことあります。
カットせずにそのまま食べられて、

とても便利ですよね。


 


カット野菜は、

見た目はたしかに野菜ですが、
中身はとても危険なものと言えます。

 

 


カット野菜とは、
その場で野菜をカットし、
そのまま、袋詰めしたものではありません。

 


どこかの工場で製造し、
何時間かかけてお店に運ばれてきたものです。

 


さらに売り場に並べられて
何時間か経ったものを
私たちは口にしているわけです。

 

 


カットしてからかなりの時間がたっているのに、
いつまでもみずみずしいままですよね?

 

 


自分で同じように野菜を買ってきて、

カットして、
容器に入れて実験してみてください。

 

 

時間が経つにつれ変色し、
夏場なら嫌な匂いもしてきます。

 


これが野菜の自然な姿なのです。


どうしてかと疑問に思いませんか?

 


カット野菜とは、野菜を切った後、
次亜塩素酸ナトリウムという消毒液や

 


プールの消毒に使う塩素
何度も繰り返し漬けて殺菌します。

 

 


そしてそのままでは、

においを嗅いだだけで
食べたら危ないと分かるので、
その匂いを消すために、

何度も水で洗浄します。

 


生野菜に含まれている栄養素は、
ビタミンCをはじめ、

水溶性のものが多いですので、

 

 


殺菌剤液に漬けたり洗浄したりする間に
大切な栄養素が流出してしまいます。

 



食品メーカーは売上重視で、
見た目を気にしますから
消費者の健康などは二の次です。

 

 

 

ある飲食店を経営している方から、

お聞きした話ですが、

日本の飲食は、

 

はやい、安い、まずい

を一番に考えているそうです(>_<)

 

 

 

話が脱線してしまいましたが、

 

 

 


ところで

家庭用のハイターや漂白剤のラベルには、
まぜるな危険」と書いてありますよね。

 


あれは混ぜると塩素ガスが発生し、


大変なことが起こるからです。

 


殺菌したカット野菜を大量に食べると、
それと同じことが胃の中で

起こる可能性があります。

 


次亜塩素酸が残留したままの野菜が

胃の中に入ると、

 


酸性の胃酸と反応して塩素ガスが発生します。

 


これが

発がん性物質になるとも言われているのです。

 


また、

洗浄を繰り返した野菜は当然栄養素もなくなり、
味も薄くなってしまっています。


ちなみに、

カット野菜メーカーのホームページでは、

 

 


堂々と薬品使用について記載されています。


 


それでもあなたは、

カット野菜を食べる気になりますか?


こうした衝撃的な事実も

 

 


私たちが賢くなれば

ダメージを受けずに済むのです。

 



野菜や果物を食べる主な目的は、
酵素食物繊維を取るためです。

 


少々面倒でも、

自分で」カットして食べないと
意味がないことになります。

 


世の中の便利な食べ物の多くは、
便利になった分、私たちの体を蝕んで行きます。

 


健康はお金では買えません。

 


せっかくダイエットのために、
酵素食物繊維やビタミンなどの栄養素を

取ろうと生野菜を食べても、

 


それがカット野菜であれば、
ほぼ無意味であったり、

 

 


逆に体に害を及ぼしてしまっているのです。

 


健康でスリムな身体を求めたければ、
多少の手間暇をかけなければ、

いけませんね(^◇^)