読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに食べてもなかなか太れないガリガリの僕が、たった40日間でモテマッチョになって、女の子からのボディタッチが激しくなった方法

人前で脱ぐのが嫌で恥ずかしい男性のために、恥ずかしくない体作りや筋トレを教えていきます。 筋肉をつけたくてもつかない人やどんな筋トレをしたらいいか分からない人のために筋トレを紹介していきます。

みんな大好き!!ゼロカロリーの裏話

んにちは!

マサキです

 

 

今回はカロリーのお話です。

 

ダイエットをするうえで、

 

 

必ず気にする、「カロリー

 

 

摂取カロリーと消費カロリーの関係。

 

 

ダイエットするには、

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

 

と言われますね。

 

 

 

摂取カロリーを少なくするために、

 

 

断食してみたり、

 

 

 

カロリーの少ないものを食べてみたり。

 

 

 

 

 

でも、ダイエットに失敗する人の多くは、

 

 

 

この「カロリー」にだけに

着目している人が多いんです。

 

 

 

 

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

 

 

で確実にダイエットに成功するためには、

 

 

 

身体に必要な栄養素が

しっかりとれていることが前提なんです。

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

 

① 1食のカロリーが300キロカロリーで、

  栄養バランスが悪いもの

 

 

 

 

 

 

 

 

② 1食のカロリーが1000キロカロリーで、

  栄養バランスがよいもの

 

 

 

 

では、

 

 

 

 

どちらが

ダイエット効果があるとお思いでしょうか?

 

 

 

 

あくまでも栄養バランスが良いことが前提で、

 

 

初めて、

 

 

健康的に、リバウンドすることなく、

 

 

 

ダイエットが成功できるのです。

 

 

 

つまり、

 

 

 

②のほうがカロリーは高いけども、

 

ダイエットには効果的なんです。

 

 

 

 

 

ですから、

 

 

 

 

 

 

 

単にカロリーを減らそうと、

 

 

 

 

断食状態を続けても、

一時的は体重が減るかもしれないけども、

 

 

 

 

身体は

必要な栄養素をほしがっていきますから、

 

 

 

 

身体に溜め込もうとしてして、

 

太りやすい体質になってしまって、

 

リバウンドするんです。

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

カロリーの少ないものを選ぼうとして、

 

 

 

 

 

カロリーゼロ、

 

カロリーオフ、

 

ダイエットコー○、

 

ダイエット○○

 

 

 

 

といったうたい文句にひかれて、

 

 

 

 

甘いけどもカロリーゼロのジュースを

飲んだりするわけです。

 

 

 

 

甘いのに、カロリーがない!

 

 

 

 

なんと魅力的なジュースなのでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

それらのジュースには、

 

 

 

 

人工甘味料

という砂糖の何百倍もの甘さを感じる、

 

 

人工的に作られた添加物が使われています。

 

 

 

 

 

 

 

世の中、そんなうまい話はありません。

 

 

 

 

人工甘味料の中でも、

 

 

 

 

アスパルテーム

 

 

 

 

と呼ばれるものの

危険性が叫ばれています。

 

 

 

 

パルスイートという商品名なら

知っている人も多いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ネットで検索したら、

危険性について結構出てきます

 

人工甘味料アスパルテームの危険性とは

- NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2136780173669119701

 

 

 

 

しかし、アスパルテームは、

 

ガンやうつ病、脳障 害、生殖障害

 

(子供が生まれにくくなるなど)

 

危険性があるという研究結果が

 

アメリカなどで発表されています。



 

 

ダイエットしたいがために、

 

がんやうつ病などになってしまっては、

死んでも死に切れませんよ。

 

 

 

 

 

人工甘味料のような、人工的に作られたものは、

 

 

 

極力摂らないようにしたほうが無難ですね。